Hitmのオンラインレース参戦記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DTM Norisring1回目
今回はレース中の画像ナシでw

HM20070802-154640.png
DTMのセットアップにてこずっています。
まだ日が浅いのでなんとも言えないですが・・・やっぱりブレーキが相当難しいです。以下の画像は1回目のレース中のブレーキ温度の推移ですが20周目あたりから左リアの温度がガクンと落ちてそのせいか左右の制動差→ブレーキング中の姿勢乱しが後半何度もありました。


[DTM Norisring1回目]の続きを読む
スポンサーサイト
今のF1に思う事
FIAの一番頭ってなぁ・・・バレストルと言いモズレーと言い80年代後半からモータースポーツにとっては癌細胞でしかない。バレストルはあからさまに人種差別&ヨーロッパ人が勝てるような身勝手なレギュ改変、モズレーはF1をフェラーリ1にした。

BARの燃料タンクの解釈事件、マスダンパー禁止騒動、フロントリムシールド、付け加えては99年マレーシア後バージボード違反揉み消し事件。結果に対してどうも納得行かない物が多すぎる。

マスダンパー黒にするならフロントリムシールドなんか真っ黒だっつーの。06年モンツァ決勝日にアロンソが口にした「もはやF1はスポーツではない」は何を今更・・・って見て取った方々も多いとは思いますが、その言葉の意味は改めてデカイなぁ・・・と。

・・・不満爆発はさておき

多分今回の件でマクラーレンの二人のドライバーはリザルトを失うと思います。チームにペナルティが行くのは当たり前やと思うけど、正直ドライバーの結果を操作するってのはなぁ・・・
マックス・モズレー様もジャン・トッド様も鼻高々。まぁステップニーがフェラーリに嫌気さすのも分かる気がしますが、破壊工作って・・・真相はわからんけど、1日18時間労働でとうとう気が狂ったらしいです。あの時はチームの為に足轢かれたけど今考えたら馬鹿馬鹿しいやろうなぁw

コフランとステップニーがどういう目論見でこんな騒動を起こしたのかは想像つきませんが、そもそもF1が健全な方向に向かっていたのならこんな事件自体起こらなかったでしょう。どっかが破綻したからそっから汚染されていった。

この件に関して常日頃ロンを目の仇にしているバーニー・エクレストン御大が「ドライバーが罰せられるべきではない」って仰られておりますが、どう考えてもファン離れで金が飛ぶのが怖い御様子です本当におめでとうございます。
やっぱファンはタイトル争いをコース上でみたいだろうしね・・・最後まで。

メルセデスファンの自分にはもう今年のF1は終わったも同然なのでこれ以上愚痴愚痴言うのもアレですが、F1というかモータースポーツがせめて健全な「競技」に方向転換する事を切望するばかりです。

開発競争も面白いんですけどね。毎回登場する新しい空力パーツに一喜一憂するコアなファンも少なくないですしね(^^;
(現にここに一人居る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。